iPhoneからパソコンに移した画像が開けない件。

テク小ネタ

こんにちは、たなかです。

先日、友人からちょっと相談を受けました。
解決に至ったのかまだわからないのですが
経緯をまとめておきたいと思います。

.heicになって画像が開かない

タイトル通りですが
iPhoneからパソコンに移した画像が「.heic」という形式になって
いつものように画像として認識されず開けない、というのが相談内容。

iPhoneの最新OS(iOS11以降)だと、画像の形式が変更されている様子です。
どうやらこれまでより画質が良く、かつサイズが小さいので
iPhoneに保存している分にはこちらの方が良さそうです。
※静止画は.HEIC、動画は.HEVC
Apple公式サイト

解決方法その1

転送時にJPGに変換する

既に撮影済み・移したい画像の量が多い場合は、
転送時にJPGに変換する設定をすると良さそうです。
設定方法は以下。
パソコンへの転送設定で拡張子を変える

iPhoneはHEICのままなので、画質が良く
容量も圧迫しないまま保存ができます。
しかも、iPhone側でチェックをひとつ付け替えるだけなので、設定も楽。

解決方法その2

そもそもJPGで保存するようにする

今まで通りでいいよー!という方向け。
容量・画質について今まで通りで問題ない場合は
以下の設定をすると良いです。
今後に備えてiPhone/iPadのカメラ撮影の保存設定をJPGに変える

こちらもiPhone側でチェックをひとつ付け替えるだけです。
※設定完了後に撮影する物に適用される設定なので
今まで撮影・保存したファイルには適用されません。

解決方法その3

パソコン側でHEICファイルを取り扱えるようにする

こちらはiPhoneではなくパソコン側の設定を変更する方法です。
Macの場合は「High Sierra」以降にアップグレードすると
自動的にファイルが画像として認識されるようになります。

Windowsの場合は手動で取り扱うための機能をインストールすることで
画像として認識されるようになります。
ちょっとひと手間、ですね。

windows用の拡張機能のダウンロードはこちら。
HEIF 画像拡張機能

解決方法その4

フリーソフトで変換する

既にパソコンに移してしまったし、iPhone側の設定も変えたくない
パソコンの設定変更も面倒だなあ、という場合。

こちらはまだソフトをじっさいに試していないので
試すことができたら、オススメソフト等リストアップしたいと思います。

が、正直、iPhone側の設定変更をして
転送し直した方が楽じゃないかなーと思っています……。

まとめ

1~4で記載しましたが、オススメは番号順ですね。
転送設定が一番楽ではないかなーと思います。

たなか使用中のiPhoneは、とりあえず通話ができればいいや、と
昔使っていたiPhone5cを引っ張り出してきているので
早めに新しい機種にしないと、こんなこともあるのかーと勉強になります。
次回買い替えはiPhoneかなあ……。

コメント

タイトルとURLをコピーしました